ライフプラン

お客様にとっていい家をご提案

お客様にとっていい家をご提案。

突然ですが、いい家ってどんな家でしょうか?
簡単そうで、実はとても奥が深い質問ではないかと私は思うのです。

家の種類は新築戸建、中古住宅、マンション、借家、アパートがあります。
新築だからいいとか、中古だから悪いではなく、幸せを感じれば
どの種類の家もいい家なのではないかと勝手な解釈かもしれませんが
そう思っております。

私は2014年6月より空家を有効活用する、
一般社団法人 移住・住みかえ支援機構のハウジングライフプランナーとして1年でおよそ30組の相談を受けましたが、
そこから見えた現実がありました。
簡単に申し上げますと、子供たちが独立して地元に帰って来なくて、夫婦だけで大きな家を維持できない、そこで売るか貸すかして、
マンションなり老健施設に住みかえしたいという相談がほとんどなのです。
ですから新築し子供と一緒に過ごした時は建てた家がいい家であったと思いますが、子供の独立でライフスタイルが変わり
仮にマンション住まいを選択した時はそれがいい家になると思うのです。

株式会社函館BASE建築事務所は様々ないい家のためのご提案やご相談、
そして地域の資産価値向上に少しでもお役にたちたいとの思いで設立した会社です。
新築部門ではサイエンスホームの木の特徴を活かした商品のご提案、不動産部門では売買・賃貸・中古住宅再生販売、
住みかえ相談など、幅広いニーズにお応えさせていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

株式会社函館BASE建築事務所
サイエンスホーム函館店 店長
一般社団法人 移住・住みかえ支援機構 ハウジングライフプランナー

大館 英樹
ライフプランという仕事

ライフプランという仕事。

ライフプランというのはどのような事をするのですか?

マイホームの購入や、お子様にしてあげたいこと、ご自身の叶えたい夢、
シニアライフなど人生の中でのイベントはたくさんあります。
あらかじめ未来を予測して生活するのとしないとでは、
どちらを選択しますでしょうか?
混乱の現代社会生活においては今や「計画」する事です。
「無計画は失敗の計画」なのかも知れません。
ライフプランはまず
「計画」の作成のお手伝いをさせていただいております。

豊かな老後生活

ライフプランをしようと思ったきっかけはなんですか?

2011年にお会いしたファイナンシャルプランナーとの出会いです。
一番の興味は、豊かな老後生活を送るにはいくらあればいいのだろうという相談でした。
58歳で住宅ローンも終わるしそこそこ手元の蓄えと年金で大丈夫だろうと思ってましたが、
シミュレーション結果は想像以下。
やってみるとわかるのですが、もはや国は守ってくれない事がわかり
自助努力するしか対策はないと思い、私は当時43歳でしたが
ファイナンシャルプランナーさんの助言をいただきながら老後対策をとりました。
不安な部分が解消できましたので今は安心してます。
ライフプランをする事によって、自分のノーマークの部分もあぶりだされ気付きがたくさん得られやってみてよかったと思いましたし、マイホーム購入する方には絶対必要な事なので、
ライフプランを広めていきたいと思いました。

豊かな老後生活

ライフプランをすることによって、
具体的な効果を教えてください。

・住宅購入などの支出額の大きなイベントを行う時期と
 予算を検討できます
・今後数十年にわたるご家族の暮らしの変化を確認できます。
・お子様の進学時期とご家族の年齢の関係が見えてきます。
・お子様が複数の場合、教育費用のかさむ時期が見えてきます。
・ご両親との同居や老後のケア、
 ご自身の老後プランを具体的に検討すきっかけになります。

豊かな老後生活

相談会はいつありますか?

提携のファイナンシャルプランナーさんのご都合によりますが、
定期的に1か月に1度開催行ってます。
臨時開催もございますのでお問い合わせください。

費用はいくらですか?

提携のため無料です(ちなみに首都圏では5万円かかるそうです)

御社で建てるのが条件ですか?

そのような条件はございません。お気軽にご相談ください。

トップへ